養父市の公演会へ

総務のNです。

4月29日、ネルケ無方さんの公演会を聴きに行ってきました。

ベルリンの生まれで、母の実家は教会で洗礼を受け、14歳で堅信礼を受ける。その後16歳で座禅サークルに入り、禅に入っていき、留学生として京都へ来たのが始まりで、縁あって浜坂の安泰寺の住職となられる。厳しい冬の生活も経て、現在は3年滞在限定を条件に各国より修業僧を受けれ入れています。各国の人達と共同生活をするには「多文化を受け入れる事」だそうです。

環境は異なるが、京都大原に住んでいるベニシアさんにも通べる部分があると思いました。

無題

 


カテゴリー: スタッフブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。